Welcome Tiger Woods Unofficial Web Page

TIGER WOODS

天才、タイガー・ウッズの魅力

Tiger Woods Pro game History 2013 〜 1996


タイガー・ウッズが1996年8月、プロに転向してからの
今年までの複数回優勝の記録です。

2013年にタイガーウッズ2年連続優勝を狙える試合
2013年7月の「AT&Tナショナル」
2013年6月の「メモリアル・トーナメント」
2013年3月の「アーノルド・パーマー・インビテーショナル」
2年連続優勝
(8回目)77勝目
の3試合です。
がんばれタイガー・ウッズ

通算優勝回数の最高記録は サム・スニードの82勝。
タイガーウッズは2013年1月の
「ファーマーズ・インシュランス・オープン」優勝で
75回を達成し歴代2位。記録更新を目指します。
がんばれタイガー・ウッズ

同大会複数回優勝の最高記録は サム・スニードの8勝。
タイガーウッズは2013年1月の
「ファーマーズ・インシュランス・オープン」優勝で
7回を達成し歴代2位タイ。記録更新を目指します。
がんばれタイガー・ウッズ


Tiger Woods タイガー・ウッズの同じ試合での複数回優勝は、

2013年1月の「ファーマーズ・インシュランス・オープン」優勝(7回目)75勝目と

2012年7月の「AT&Tナショナル」逆転優勝(2回目)74勝目と
2012年6月の「メモリアル・トーナメント」優勝(5回目)と
2012年3月の「アーノルド・パーマー・インビテーショナル」優勝(7回目)と

2011年12月の「ワールドチャレンジ World Challenge」優勝(5回目)と

2009年9月のプレーオフ第3戦:BMW選手権 BMW Championship優勝(5回目)と
2009年8月の世界ゴルフ選手権:ブリヂストン招待優勝(7回目)と
2009年8月の「ビュイックオープン」優勝(3回目)と
2009年5月の「メモリアル・トーナメント」優勝(4回目)と
2009年6月の「アーノルド・パーマー・インビテーショナル」優勝(6回目)と

2008年6月のメジャー第2戦:全米オープン」優勝(3回目)と
2008年3月の「アーノルド・パーマー・インビテーショナル」優勝(5回目)と
2008年2月のマッチプレー選手権優勝(3回目)と
2008年2月の「ドバイデザート・クラシック Dubai Desert Classic」優勝(2回目)と
2008年1月の「ビュイック・インビテーショナル Buick Invitational」優勝(4年連続、6回目)と

2007年12月の「ワールドチャレンジ World Challenge」優勝(4回目、2年連続)と
2007年9月のプレーオフ最終戦:ツアー選手権 TOUR Championship優勝(2回目)と
2007年9月のプレーオフ第3戦:BMW選手権 BMW Championship優勝(4回目)と
2007年8月のメジャー第4戦:全米プロゴルフ選手権 PGA Championship優勝(4回目)と
2007年8月の世界ゴルフ選手権:ブリヂストン招待(旧NEC招待) WGC-Bridgestone Invitational優勝(3年連続・6回目)と
2007年3月の世界ゴルフ選手権:CA選手権(旧アメックス選手権)WGC−CA Championship優勝(3年連続・6回目)と
2007年1月の「ビュイック・インビテーショナル Buick Invitational」優勝(3年連続、5回目)と

2006年12月の「ワールドチャレンジ World Challenge」優勝(3回目)と
2006年11月の「グランドスラム The PGA Grand Slam of Golf優勝(2年連続・7回目)と
2006年10月のアメリカンエキスプレスチャンピオンシップ(アメックス選手権)
WGC−American Express Championship
優勝(2年連続・5回目)と
2006年8月のブリヂストン招待 WGC-Bridgestone Invitational優勝(2年連続・5回目)と
2006年8月のメジャー第4戦:全米プロゴルフ選手権 PGA Championship優勝(3回目)と
2006年8月の「ビュイック・オープン Buick Open優勝(2回目)と
2006年7月のメジャー第3戦:全英オープン The Open Golf Championship優勝(3回目)と
2006年3月の「フォード選手権 The Ford Championship at Doral優勝(2年連続)と
2006年1月の「ビュイック招待 The Buick Invitational優勝(4回目)と

2005年11月の「グランドスラム The PGA Grand Slam of Golf優勝(6年回目)と
2005年11月の「ダンロップ・フェニックス Dunlop Phoenix Tornament優勝(2年連続)と
2005年10月のアメックス選手権 WGC-American Express Championship優勝(4年回目)と
2005年8月のNEC招待 WGC-NEC Invitational優勝(4回目)と
2005年7月のメジャー第3戦:全英オープン The Open Golf Championship優勝(2回目)と
2005年4月のメジャー第1戦:マスターズ The Masters Tournament優勝(4回目)と
2005年1月の「ビュイック招待 The Buick Invitational優勝(3回目)と

2004年12月の「ワールド・チャレンジ」優勝(2回目)と
2004年2月のマッチプレー選手権優勝(2年連続)と

2003年10月のアメリカンエキスプレスチャンピオンシップ(アメックス選手権)優勝(2年連続)と
2003年7月の「ウェスタン・オープン」優勝(3回目)と
2003年3月の「ベイヒル招待」優勝(4年連続)と
2003年2月の「ビュイック招待」優勝(2回目)と

2002年11月の「グランドスラム」優勝(5年連続)と
2002年10月のアメックス選手権優勝
2002年6月のメジャー第2戦:全米オープン」優勝
2002年5月の「欧州プレイヤーズ選手権」優勝(2年連続)と
2002年4月のメジャー第1戦:マスターズ」優勝(3回目)と
2002年3月の「ベイヒル招待」優勝(3年連続)と

2001年11月の「グランドスラム」優勝(4年連続)と
2001年8月のNEC招待優勝(3年連続)と
2001年6月の「メモリアル」優勝(3年連続)と
2001年5月の「欧州プレイヤーズ選手権」優勝
2001年4月のメジャー第1戦:マスターズ」優勝(2回目)と
2001年3月の「ベイヒル招待」優勝(2年連続)と

2000年12月の「ワールドカップ」優勝(2年連続)と
2000年11月の「グランドスラム」優勝(3年連続)と
2000年11月の「ジョニーウォーカー・クラシック」優勝
2000年8月のNEC招待優勝(2年連続)と
2000年8月のメジャー第2戦:全米プロ」優勝(2年連続)と
2000年5月の「メモリアル」優勝(2年連続)と
2000年1月の「メルセデス・チャンピオンシップ」優勝

1999年7月の「ウェスタン・オープン」優勝
1999年10月の「カーレンタル・ゴルフ・クラシック」優勝
1999年11月の「グランド・スラム」優勝です。

2012年にタイガーウッズ2年連続優勝を狙える試合
「ワールド・チャレンジ」(イベント)の1試合です。
がんばれタイガー・ウッズ

通算優勝回数の最高記録は サム・スニードの82勝。
タイガーウッズは2012年7月の
「AT&Tナショナル」逆転優勝で
74回を達成し歴代2位。記録更新を目指します。
がんばれタイガー・ウッズ

同大会複数回優勝の最高記録は サム・スニードの8勝。
タイガーウッズは2012年3月の
「アーノルド・パーマー招待」優勝で
7回を達成し歴代2位タイ。記録更新を目指します。
がんばれタイガー・ウッズ


2009年にタイガーウッズ5年連続優勝を狙える試合
「ビュイック・インビテーショナル」(リハビリ欠場) の1試合です。
2年連続優勝を狙える試合は「全米オープン」・ 「A・パーマー招待」(優勝)
「マッチプレー選手権」・「ドパイデザートクラシック」(リハビリ欠場)
の2試合です。がんばれタイガー・ウッズ
複数回優勝の最高記録は サム・スニードの8勝。
タイガーウッズは2007年3月の「CA選手権」優勝で
6回を達成し歴代2位タイ。記録更新を目指します。
がんばれタイガー・ウッズ
2004年にタイガーウッズ5年連続優勝を狙える試合は 「ベイヒル招待」の1試合。
3年連続優勝を狙える試合は「アメリカン・エキスプレス選手権」の1試合。
2年連続優勝を狙える試合は「ビュイック招待」・「マッチプレー選手権」(優勝)・「ウェスタン・オープン」の
3試合です。がんばれタイガー・ウッズ

2003年にタイガーウッズ6年連続優勝を狙える試合は「グランド・スラム」の1試合でしたが、
メジャー無冠が確定したため、辞退する選手が出ないかぎり出場は不可能となりました。
4年連続優勝を狙える試合は「ベイヒル招待」(優勝)の1試合です。
3年連続優勝を狙える試合は「マスターズ」・「ドイツ銀行オープン」・
ブリッジス(ビッグホーン)の戦い」の3試合です。
2年連続優勝を狙える試合は「全米オープン」・「ビュイック・オープン」・
「アメックス選手権」(優勝)の3試合です。

2000年8月、タイガー・ウッズが「全米プロゴルフ選手権」で 2年連続優勝を達成。
これでタイガー4大メジャーの最小スコア記録を全て手にしました。

タイガー・ウッズ☆メジャー最小スコア記録
マスターズ 全米オープン 全英オープン 全米プロ
−18
(1997年)
−12
(2000年)
−19
(2000年)
−18
(2000年)

2000年7月の「全英オープン」優勝で、タイガー・ウッズ最年少グランドスラム達成。

タイガー・ウッズ初の2年連続優勝は、2000年5月の「メモリアル」優勝です。
タイガー・ウッズイベントでの初の2年連続優勝は、1999年11月の「グランドスラム」優勝です。

2000年8月の「NEC招待」の開催コース、ファイヤーストーン
コースレコードタイ61を達成。プロ入り自己ベストスコア。
1999年2月の「ビュイック招待」の開催コース、トーレイパインズCC
コースレコード62を達成。
プライベートでは59。

タイガー・ウッズ1998年・1997年・1996年3年連続でホールインワンを出しています。

1998年現在、タイガー・ウッズは今のところ予選落ちは3回(うち1つは、3日目の特殊試合)だけ、
これってすごいことなんですけどね。

タイガー・ウッズのプロ・ワースト順位記録は1997年「メモリアル・トーナメント」の67位。

タイガー・ウッズのプロ・ワーストスコア記録は2002年「全英オープン」3日目の81。


当店ではNIKEGOLF ナイキゴルフ 輸入用品の販売も行ってます。
あなたもTiger Woods タイガーウッズのようにナイキゴルフウエアを着てみませんか?

をご覧下さい

へ戻る


タイガー・ウッズ情報


タイガーウッズ・コレクション・トップ
(ゴルフボール、ヘッドカバー、トレーディング・カード、Tシャツ、ビデオ)
スケジュール最新ニュース最新エピソード最新スコア
プロ全順位試合結果(プロ)試合結果(アマ)
来日特集プロフィール愛用品飛距離
USPGA部門別順位ランクマネーランク栄光の記録

最新ツアー情報


欧米日本選手こぼれ話ライダーカッププレジデンツカップ世界ゴルフ選手権
ゴルフ情報とゴルフ用品販売の

Koogie